【WordPress】Intuitive Custom Post Orderの並び替えが効かない場合の対処法

Intuitive Custom Post Order プラグイン使用時に、
並び替えがうまくいかない時は、
WP_Query や pre_get_posts 等で「orderby」パラメータに、
「menu_order」を設定することで並べ替えが効くようになる場合があります。

出展:カスタム投稿タイプでIntuitive Custom Post Orderの並び替えが効かない場合

【WordPress】管理画面のタクソノミー一覧の並び順を変える

管理画面のカスタムタクソノミー(カテゴリー)の並び順を変えるには、
functions.php に以下のコードを書く事で実現できます。

出展:タクソノミー一覧画面の並び順変更

【WordPress】メディアサイズ、中・大サイズをトリミングする

メディアサイズの中サイズと大サイズは、管理画面ではトリミングの設定ができないので、functions.php に以下のコードを書く事でトリミングの設定ができます。

出展:WordPressで中サイズや大サイズのメディアでもトリミングを行う

【WordPress】WP MW Form のセレクタで「選択してください」を入れる

MW WP Form のセレクタで「選択してください」を入れるには、設定画面のショートコードで以下のように記述します。

children 属性内に「:選択してください」を記述することで、value の値が空の選択肢が追加されます。
また、ショートコードに「post_raw=”true”」の属性を追加する必要があります。

出展:MW WP Form のセレクトボックスで「選択してください」を空欄とみなす最も簡単な方法(JavaScript 非使用)

Contact Form 7 のフックで投稿情報を取得するには

Contact Form 7 のフックでは $post の情報が取得できなかったのですが、
以下の方法で投稿情報を取得することができました。

ショートコードの属性として投稿IDを設定

以下のような感じでテンプレートファイルにショートコードを追加します。

「属性名」の部分は任意の名前で大丈夫だと思います。

フォームにフィールドを追加

Contact Form 7 の管理画面から、
フォームに以下のようなフィールドを追加します。

※隠しフィールド(hidden)である必要はありません。

ショートコードに追加した属性を利用可能にする

そのままだと、任意の属性は利用できないようなので、
利用できるようにする必要があります。

投稿IDを取得

あとは、フック内に以下のコードを書くことで、投稿IDを取得できます。

投稿IDが取得できれば、色々な投稿情報を取得できるとようになると思います。

出展:ショートコード属性からデフォルト値を取得する出展:WordPress: Contact Form 7 のフィールドから値を得る出展:「Contact Form 7」でメール送信の直前に入力値や送信先を変更する方法